月別アーカイブ: 2015年9月

私の就職活動&レディースドックを検討中。

7年前に再就職しました。私は一度大学卒業後1ど新卒で地元の会社に就職しました。しかし、まだ、22歳だったという事もあり、普通に毎日会社に通う毎日に飽きてしまい、学生時代から、音楽が好きだった、とゆう事もあり、心機一転、東京で音楽の専門学校に通ってゆくゆくは、音楽の仕事につければなあと思い、1年ほどで会社を辞めて上京しました。

しかし、専門学校は、卒業したものの、そうそう音楽の仕事がある訳もなく、上京して約8年アルバイトなどをしながら生活していましたが、30歳になり、夢を諦め、再び地元に、いわゆる都落ちです。
地元に帰って来て、転職雑誌やインターネットで求人募集のチェックや、ハローワークに足しげく通う日々でした。
この再就職活動中、最も辛かったのが、就職経験の無さと、年齢の問題でした。8年間東京でアルバイト生活をしていた為、30歳なのに履歴書の経験欄には、アルバイトの職歴ばかりなので、面接に行っても常に経験不足を指摘されて、落とされるというパターンが多かったでした。
経験がなくても、20代ならまだ若手として期待されると思うんですが、30代だとやはり、若手とは、見られず面接の担当の方も「うーん」という感じでした。

10社ほど回った時に、母親から、とりあえず派遣の仕事でいいんじゃない?と言われましたが、アルバイト時代に派遣社員の仕事もやっていて、派遣社員の良いところや、悪いところを知っていたので、派遣社員の選択は、ありませんでした。

とにかく、面接を受けまくった結果、音楽の仕事をやりたくて上京していたと言う話を、面接の際にしたところ、その話が面白かったのか、1社採用をしても良いといってくれる会社が見つかりました。
今も、その会社で働いています、決して楽な仕事では、ないですが、正社員という待遇なので、安心して日々仕事が出来ています。
今の会社にも派遣社員の方が働いていますが、リーマンショックの際、一時的に派遣社員が全員いなくなった事がありました、いわゆる派遣切りがうちの会社でもあった訳です。もし仕事探し中に、妥協して派遣で仕事をしていたら私も派遣切りにあっていたかもしれません。
就職活動に成功する方法は、とにかくめげずに自分の思う仕事、思わない仕事でも片っ端から面接を申し込む事です。何が決め手で採用されるかわかりません、マシンガン方式でドンドン受ける事をお勧めします。

30歳を超え、市からくる定期健康診断や検診などの用紙をみると私も歳を取ってきたんだと感じますね。特に婦人科の方はまだ妊娠も出産もしたことがないので内膜症とかにどちらかというとなりやすいそうなのでちょっと怖いですね。

ネットを見ているとたまたまレディースドックっていうのを見つけました。

こういったものです→参考

子宮がんや子宮頸がん、子宮内膜症などあらゆる女性特有の病気を調べるものです。

金額とかにもよりますが、こういったものを定期的に受けておいた方が早期発見にも繋がるんだと思って今検討しているところです。

 

医療脱毛を選んだ理由。

そもそも永久脱毛をやったように、すっきりツルツルにするのが望みなのではなく、ただ薄くなるだけでいいというわけであれば、脱毛サロンでできる光脱毛で事足りる状況もしばしば見られます。

私は薄くなるだけでいいっていうわけではなかったので永久脱毛をするために医療脱毛(レーザー脱毛)を選びました。

私が通っているところ・・・医療脱毛京都

なぜ医療脱毛を選んだかというと、光脱毛とかだと永久的ではないっていうことですね。せっかく脱毛をするのであれば永久的に毛が無くなって欲しいからです。

また、医療レーザー脱毛だと早くに完了することができるみたいなのです。他の脱毛方法だと完全になくなるまでに3年とか掛かるみたいなんですよね。

それは自分的に時間が掛かり過ぎだと思ったので・・・そういった理由もあって医療脱毛を選んだのです。

実際に通っていて一回目でもう効果を感じて、こんなにもなくなるの?!って驚きでしたね。
ごくたまに、忙しさにかまけてカミソリや毛抜きによるムダ毛の自己処理ができないという日もあります。サロンなどで脱毛を済ませていたら、どんな日でも変わらずキレイでいられるのでお手入れの時間がないからと言って何の問題もありません。
脱毛サロンに関してのあるあるネタで、しばしば話題にされるのが、総費用を考慮すると結果としては、全身脱毛を最初の時点で選択した方が超金銭的にもお得だったということです。
脱毛クリームで行う脱毛は、二度と毛が生えてくることはないというものでは全然ないのですが、簡便に脱毛が行える点と効き目がすぐに現れる点から考えても、かなり便利な脱毛法だと思います
専門医のいる医療クリニックなど国が指定した医療機関でなされている、完全な無毛状態にする永久脱毛や、医療脱毛機器による医療レーザー脱毛の費用は、明らかにトータルでは年を追って徐々に低価格の方にシフトしているように思えます。

脱毛の施術を受けたいけれど、生まれて初めての脱毛サロンはどういう雰囲気のところ?痛みはどれくらい?しつこく勧誘される?等と色々不安なことがありますよね。そういった多くの気がかりを吹き飛ばしてくれる大好評の脱毛サロンをご案内します。
無駄毛を抜き去った後は表面上は、ムダ毛ゼロのキレイな肌に見えてしまいますが、毛根につながって栄養を供給している毛細血管にダメージを与えて血が出てしまったり、そのままにすると炎症を起こしてしまうことだってあるので、心しておいた方がいいでしょう。
一般に広く浸透している永久脱毛とは、脱毛を終えてから1か月経過した時の毛の再生率を限界レベルにまで低減させることであって、徹底的に無駄毛が見えない形にするというのは、一般に夢物語であるというのが実情です。
医療レーザーを用いた本当の著しい効果の得られるレーザー脱毛とは、明らかな医療行為となるので、脱毛コースのあるエステや脱毛サロンでにて施術するスタッフのように、医師免許などの医療従事者としての資格がないという施術者は、取り扱うことが許されていません。
脱毛クリームは、剃刀とか毛抜きを駆使して行うムダ毛の処理と比較して時間をそれほど必要とせず、楽々とかなりの広範囲のムダ毛をキレイにすることが実現できるのも値打ちのひとつです。

全身脱毛となると費やす時間が長くなってしまうので、行きやすい位置にあるいくつかピックアップしたサロンの中から、実施されているキャンペーンでサロンの雰囲気や対応を直接体験してから、決断するというやり方をお勧めします。
話題の脱毛サロンで全身脱毛の処理を受けたいけれど、どうやって決めたらいいかはっきりとわからない、と思っている方も割とおられると思いますが、「総費用と通いやすさ」を最優先事項として決めるというのが最もいいやり方ではないかと思います。
二年くらい根気よく続ければ、大半の方が剃らなくても大丈夫なほどにワキ脱毛ができると一般に言われているようなので、長めに見積もっておよそ二年ほどでほぼ完ぺきに脱毛が終わると踏まえておいてください。
光のエネルギーを利用したフラッシュ脱毛が採用されるようになってからは、1回の処理に必要とされる時間がとても少なくなって、痛みも殆どないということから、全身脱毛を申し込む人が年々増えています。
「思っていたより恥ずかしさは少ない」とか「生理の時に感じるストレスから解放された」などの声が大半を占めるVIO脱毛。あなたの知人にも丸々綺麗に処理が済んでいる人が、意外といるかもしれません。